高卒お母さんの家庭学習マル

子どもの基礎学力低下に気づいた。勉強ばかりの毎日は嫌という子供の希望と、基礎学力程度は身につけてほしいと願う親の考え。お母さんが考えた家庭学習方法とは。

たくみニュース

10歳の壁|勉強だけじゃない!体の発達もチェックして!

投稿日:2019年5月14日 更新日:

人は見える部分で判断しやすいもの。

10歳の壁は、学力の壁だけじゃなかった。

この記事を読んだら、子供をチェックして
もらいたい。

そして、改善できるところから始めてみて
ください。



◆10歳で決まる|頭の使い方◆

こんにちわ~!
家庭学習マルの川本たくみと申します。
2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)
2019年、子供は小5と小3になりました。
一年間、あっという間でした。

さて、
今日は子供の脳の発達のお話です。
人は見える部分で判断しやすいものです。

脳の発達と聞いて、文章を読み進めるのに
もう億劫になっていませんか?

私は最近ある本を、手にとりました。
「10歳までの子育ての教科書」
~子育てのやり直しはできません~

なんとも強い言葉です。
すでに、私の長女は10歳をこえています。
手遅れでしょうか・・・?

脳科学的には手遅れとなるのかも
しれませんが、可能性はあります。
どうぞ、
10歳をこえたお子さんをお持ちの方も
文章を続けるので読み進めてください。

10歳|脳の前頭葉が完成する

脳には、後頭葉、側頭葉、
頭頂葉、そして前頭葉の4つがあります。

そのそれぞれが、同じ働きはしていません。
担っている役割が違います。

まず、後頭葉は見えるものの処理をします。
側頭葉は聞いたり理解したりします。
頭頂葉は動きとか感覚の処理をします。
そして前頭葉はそれらの場所で処理された
情報を組み立てて伝達します。

この前頭葉の働きは、将来社会に出た時に、
ある判断や問題解決をする力の部分と
なるのです。

この重要な場所が、実は個人差はあれど、
10.5歳で完成するといわれているので
驚きです。

 

子供の能力がのびるように育てる

10歳過ぎている子供がいる方も、
がっかりする必要はありません。

この前頭葉は、10.5歳で完成すると
言われている一方、
成長自体はゆっくりになりますが
止まることなくその後もずっと成長を続ける
報告があるというのです。

では、10歳以上であっても未満であっても
前頭葉の成長をのばすには親として
何をしてあげられるのか見ていきましょう。



親の遺伝が関係ない|環境が大事

まず、
この脳の前頭葉にかぎっては、遺伝の関係が
少ないと言われているようです。

大切になるのは、子供を取り巻く環境です。
もうお気づきの方もいらっしゃいますか?
そうです。生活リズムが重要になってきます。

どうしても、
生活リズムと脳の関係性は強いのです。

別の記事「睡眠時間で学力に差が出る理由」
でもお伝えしましたが、
いい眠りが記憶やひらめきを良くすることが
知られています。

子供が寝てくれないという悩みも多いと思い
ます。しかし、睡眠は正しく行われることで
目には見えない脳神経同士の関係性が
育つのです。

一日10分ずつ早く寝てもらえるようにすれば
3日で30分も早く寝るようになります。

極端な改善ばかり目指さず、小さくても
確かなリズムを作っていきましょう。

当たり前のことを言いますが、睡眠に加えて
大事なものに「運動」と「食事」があります

当たり前ではありますが、
中でも親の力だけではどうにもなりにくい
ものがあります。

「食事」です。

 

小学生の少食|成長期の栄養不足

「規則正しい食事」がとれにくい現実が
あります。

これは、親の力だけでなく、
子供に食べてもらうという協力が必要です。

  • 成長のこと
  • 脳の働きのこと
  • 生活リズムのこと

よく分かっても、
食事でつまずく親は多いです。

偏食・少食・朝ごはんを食べない
親だけの努力ではどうにもならず、
気づけばあきらめたり、食べるものばかり
作る毎日になっていませんか?

でも本当は、一番栄養が必要な時。
目に見える成長だけでなく、
目に見えない成長もグングンしたいところ。

目に見えない分、成長に不調が出ていても
わかりにくいのが現実です。

大人のようにわかりやすく疲れやすい・・・
とか、目覚めが悪い・・・とか子供は
実感しずらいからです。

栄養とは難しく、成長に必要な亜鉛は
カルシウムと一緒が吸収を助け、さらに
ビタミンDも吸収を助けると言われます。

子供に必要な1日栄養量は
もちろん大人と違うため、手軽にサプリで
摂取したいといっても、大人のサプリなどは
使用することができません。

もちろん食事が力の源であり、
サプリから摂れているからそれでよいとは
考えにくいでしょう。
しかし現実、吸収に相性の良い栄養素まで
考えて、さらに必要量食べてもらうことが
困難という場合は、補助食品の利用も
考えてみてもいいのかもしれません。

子供の個性として、少食や偏食
食べない時期がどうしてもあります。

それがずっと続くというわけでも
ないのです。時期を過ぎれば、
「よく食べる様になったぁ」という話は
よくあります。

子供のためにと一生懸命考えるのは
良いですが、考えすぎて悩みを
増やさないようにしましょう。

子供にとって、その時期時期で
よい生活リズムをつけてあげられる環境を
整え、脳の成長を健やかに
のばしていきましょう。

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立ちますように★

 

-たくみニュース

執筆者:

関連記事

子供に学校へ持たせるティッシュの工夫 ポケットティシュはぐちゃぐちゃ

一年中何らかの花粉が飛ぶ日本。   アレルギーの体質の子供には 鼻水がしんどいです。   学校ではポケットティッシュどころでは 足りず、授業中テスト中も 吸っては出てくる鼻水が 気 …

小学生国語!なぜできない・・・質問力を伸ばしたい!

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)   こんなことがありました。   うちの小学4年の娘と 図書館に行った時の話です。 娘 …

小学生の子育て「もうイヤだ!」と思ったらやってみる事

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)   私も現在子育て中。子供との生活は 穏やかではありません。   時々「穏やか。怒るこ …

担任の先生がはずれ?子供にとって先生の存在は大きい

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)     学年が変わり担任が新しくなると 大人も子供も気になるのが 新しい先生の評判やう …

小学生2人 4人家族 夫の生命保険

    Contents1 夫の生命保険1.1 夫の生命保険見直しまで1.2 闘病を公表してくれる芸能人1.3 生命保険の条件!!健康状態と年齢1.4 夫の生命保険を見直しす時、ま …