「おーい、やまちゃん」

このブログ「おーい、やまちゃん」は、今こそ変わりたい夫婦が頑張るブログです。副業、お金、時間、自分のやりたいことがわからない、そんな私たちが人生にもがき、苦しみ、彷徨うブログです。

小学4年生算数

小4分度器|使い方と測り方と書き方|ママの教え方

投稿日:2018年9月5日 更新日:

 

分度器の使い方、
ポイントを確認したらすぐに
教えましょう!
子供のわからないところは
ほんのチョットしたところです。

子供に算数を教えることを
お母さんが避けていませんか?

確かに子供に勉強を教えていると
イライラするからと
避けるお母さんが多い現実があります。

私もイライラして上手くいかないことは
たくさんあります。
だけどそれが勉強を教えない理由には
なりません。

両親にしか言えないこともあれば、
両親にしか聞けないことを
子供は持っています。

ほんの些細な説明が
子供の「わかる!」を
引き出す可能性は十分にあると思っています。

さて、今日は小学4年の≪分度器について≫
まとめます。

 

◆小学4年分度器 180度以上の角度の書き方◆

こんにちわ~!
家庭学習マルの川本たくみと申します。
2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)

2019年、子供は小5と小3になりました。
一年間、あっという間でした。

分度器の使い方、測り方、書き方、
180度以上の角度の書き方について
まとめていきますが、
まず≪分度器を使う前に≫
ということで、ご提案があります。

動画で確認したい方はこちらから

 

 

分度器を使う前に≪角の大きさ≫を復習

分度器を使う前に、
まず≪角の大きさ≫を復習しておくと
問題をするときにスムーズに流れます。

≪角の大きさ≫とは
一直角、二直角、三直角、四直角です。
毎度、見にくい画像ですが
参照ください!

 

 

一直角は90度
二直角は180度
三直角は270度
四直角は360度ということです。

中でも、90度、180度、360度は
基礎中の基礎なので、お子さんが
ピンときているか?確認しておくと
ベストだと思います!

問題を前にして、
「さぁ解いてみよう!」という時に
この基礎のハナシからになることは
時間の無駄になります。

 

分度器の使い方

きっとお子さんは、
なんとなく分度器の使い方を
覚え始めているけれど、

まだ慣れていないので
ちょいちょい変な測り方になります。

使い方を箇条書きでまとめます。

  1. 分度器の中心と頂点をあわせる
  2. 0度線と辺をあわせる
  3. 測りたい角度に合わせて
    左右どちらから読むか考える

これだけのことですが、
ずれてしまって、間違えます。
ずれてしまっても、分度器の何かのメモリを
読むことができるので、
ずれていることにも気づかずに
間違えることになります。

お子さんが分度器を家で使っているときは
このポイントが出来ているかを見て、
声をかけてあげてください。

出来ているようでも、合わせている間に
ずれてくることはあります。
これは仕方がないです。慣れです。

まずはポイントの3点を子供自身が
分かっていればそれで大丈夫です。

 

分度器のはかり方と書き方

提案ですが、実際に問題を
お母さんが
解いてみてはいかがでしょうか。

上手に教えられない!
子供が説明に納得してくれない!
だったら、実際にお母さんが
やっているところを見せるっていうのも
1つの手段だと思います。

この文章の冒頭に
90度、180度、360度を
復習しておくと、
スムーズに問題に取り組めると
書きましたが、このような問題です。

 

180度以上の角度を書くような問題です。
195度は角の広がりが大きくて
とんがった角にはなりません。

正解であっても、これであっているか
子供は疑いたくなるかもしれません。

90度、180度、360度
これがわかっていると
だいたいどんな角になりそうか
想像する力が
身につくのではないかと思います。

 

小学4年分度器 180度以上の角度の書き方

180度以上の角度の書き方は
計算が必要になってきます。

「分度器は180度まで!」
これがわかればこのままでは測れないという
ハナシの流れになってきます。

「じゃあどうするか?」
「どれぐらいの角度があと足りないか?」
「じゃあ分度器の当て方は?」
こんな勉強になってくるでしょう。

180度以上の角度には
4直角に近い角度になるものもあります。
330度の問題です。

 

 

 

 

 

 

とんがっている方でないものが
330度という角度になります。
子供は覚えが早いので、
すぐ感覚をつかめるようになります!

 

◆まとめ◆

分度器についてまとめてきました。
いかがでしたか?
自信をもってお子さんに教える気持ちに
なってくれましたか?

分度器の問題は
計算をしてから角度を求めるとなると
少し難しく感じて嫌がるお子さんも
いるかもしれません。

小4からは、
「見てわかる」
「計算して終わり」だけの算数は
もう終わっていきます。

【見て・計算して・考えて・行動する】

考えて・行動するまでが
必要になってきます。

「計算して出た答え」は答えではない。

その計算したことを、
どのように使うか考えて、
自分で行動しないといけなくなるわけ。

名探偵コナンみたいな感覚ですよ~!!
答えが正しい・間違っているを抜きにすれば
問題を好きに推理していい!

考える力が必要です。

確かに算数は、答えが明確だけれど
推理気分で楽に考えると
勉強が楽しくなるってことです。

【進級したては、勉強チャンス!!】
【家庭学習】新学期からの勉強方法で一気に追いつく

【小学生の英語教育はどうなる?】
小学生|英語教育はコミュニケーション|何から始める?

次の記事はこちら。
小4算数|大きな数|1億をこえる数の問題の予習・復習 


★小学生をもつ、

おうちの方のお役に立てますように★

 

 

 

-小学4年生算数

執筆者:

関連記事

小4の壁|三角定規の組み合わせ角度|算数の始めの取り組み

  小4の壁って知っていますか? 生活面、精神面、勉強面の 3つの問題のことと言われています。 子供自身が、わかりやすくぶつかる壁は 勉強の壁だと思います。 でも不思議なことに、 親が大変に …

小学4年がい数「今習っている算数さっぱり分からんよ」子供からのSOS

Contents1 小学4年【がい数がさっぱりわからない】1.1 がい数の問題が苦手な子供は数の並びが苦手かも??1.2 学年なんか関係ない!通ずる勉強ならさかのぼって学習しよう 1.2.1 数の増え …

小学4年から始まる面積☆ここから中学の基礎となる

Contents1 ついに始まる面積の問題☆小学4年が基礎1.1 小学4年の面積はどんなことをどこまで学ぶのか1.2 面積の基礎をノートにまとめる1.3 面積の問題傾向を知っておく ついに始まる面積の …

10歳の壁とは何か|勉強ができない理由に納得

  「10歳までの子育ての教科書」という本を 子供が10歳になって手にとりました。 ちょっと残念な母親です。 でも読んで、親として スッキリしたことがあります。 それは、ずっと疑問だったことです。 勉 …

小学4年の割り算・ひっ算が理解できない

Contents1 割り算・ひっ算をもっと簡単に教える1.1 簡単なのに間違えやすい【あまりのある割り算】1.1.1 【答えの予想をつけて割り算に取り組む】1.1.2 桁を減らして考えてみよう1.1. …