高卒お母さんの家庭学習マル

子どもの基礎学力低下に気づいた。勉強ばかりの毎日は嫌という子供の希望と、基礎学力程度は身につけてほしいと願う親の考え。お母さんが考えた家庭学習方法とは。

たくみニュース

小学生|英語教育はコミュニケーション|何から始める?

投稿日:2019年5月11日 更新日:

 

小学校の授業で英語を行うように
なるのは本当ですか?

A: はい!本当です!

 

小学生が英語を学校で習う。
そんな話を聞くようになって
何年が過ぎただろう。

小学校の英語って
「どうせ、おこちゃま程度の
リンゴ→Apple程度だろう?」

そんな風に思ってないですか?
そう思うのも、無理はありません。

英語教育の計画が発表されたのは
2013年12月のこと。

その計画は文部科学省が
「英語教育改革実地計画」と
発表しています。

 

現在2019年です。
それから6年が経ちました。

◆小学生の英語教育の準備をする◆

こんにちわ~!
家庭学習マルの川本たくみと申します。

2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)
2019年、子供は小5と小3になりました。
一年間、あっという間でした。

さて、
記憶から薄れていくように時は経ち、
6年の間、英語教育の準備は
着々と進められていました。

ついに、小学5、6年は、
2018年から必修化となり
2020年からは英語教育として始まります。

2018年~2020年までは移行期であり
地方や自治体も手探り状態です。

 

小学校の英語教育はコミュニケーション

2020年から小学5、6年が
英語教育として始める為、
小学3、4年に必修化がさがってきます。

必修化?英語教育?
何がどう違うか?ですね。

「必修化」とは教科書とか大々的なテスト
なんてものもありません。

英語に触れあう時間が割り当てられて
聞いたり、話したりと
コミュニケーションをとる授業です。

これを、
2020年から小学3、4年が行います。
すでに移行期に入っているので
活動している地域もあります。

一方「英語教育」とは、教科書があります。
国語や算数と一緒で、授業として行われ、
テストや評価もあると思われます。

その証拠に、
今後、中学受験では試験教科として英語が
入るらしいです。

「中学で勉強するような内容を
小学5、6年でするのかぁ」と
思ったあなた!

それもまた違います。

単純に学力を早く学ぼう!という
計画ではなく、
もっと自然体な取り組みなのです。

体育をイメージしてみましょう。
プールは今、やっていない学校が
あるかもしれませんが、
例えばプールの授業では

  • 顔を水につける
  • 水の中を歩いてみる
  • つかまってバタ足をしてみる
  • 水の中で目をあけてみる
  • 耳まで浸かってみる
  • 浮いてみる

のように、体感して覚えていることが
ほとんどです。

英語もこれと一緒です。
「なぜ?(Why)って、言葉の先につけるのかぁ」
「質問はこうするのかぁ」
などと体感しながら覚えるのです。

カリカリ文法なんかを学ぶのとは
ちょっと違います。

確かに読み・書きはありますが、
目指しているのは
英語でコミュニケーションがとれるか
ということです。

 

子供の英語教育は日本のメリットになる

日本のメリット、
などと言うと、なんだか個人を見ていない
印象を与えてしまいます。

しかし、それは違います。
ご存知の通り、グローバル化は進み
日本も遅れをとることなく様々な文化を
受け入れていくようになります。

そんな暮らしに、国際共通語の
英語を話せることは、
ある程度必要な力になると思われます。

現代のスマホを使いこなす時代のように
英語を使いこなす力が
必要になるでしょう。

英語を使いこなすとは、
自分の考えを言えたり、表現して
意思疎通できる力のことです。

 

文化や考えの違いは、
ちょこっとの挨拶程度や外国人の表情を見た
だけでは、わかりずらいところがあります。

それは、外国の方が日本人を見ても
一緒のことかもしれません。

「そんな文化や考えの違いは
日本語が話せる外国人に、
また、英語が話せる日本人に
任せておけばいいよ」
こんな考えも、今はあるかもしれません。

現に私は、
英語が話せるわけもない(笑)人間ですし、
それで困ることはないですし、話せる方々に
文化を伝えてもらっているわけです。

ただ、日本の文化や考え方は
ここ数年でもすごく変わってきています。

個人の考え方(個性)が
すごく出てきていると思うんです。

これまでは、
日本人の常識だとか、場の空気だとか、
察するだとか、上下関係とか
すごく強調されてあったと思うんです。

でも今は違ってきていると思います。

日本人も個々の表現を発信するように
なりました。それもインターネットの普及が
大きくかかわっています。

自分の考えを発信すれば、遠くにいる
共感できる人たちと結びつくことが
できるようになりました。

そういった発信をする上で
英語を必要とする日が近いと思います。

もちろん一方的な英語力ではなく、
外国人も自分を表現するために
日本語を勉強するでしょう。

一人一人が世界とコミュニケーションを
とるのです。東京オリンピックで
世界の人たちが日本の良さを知り
その後も訪れるようになるでしょう。

いえ、訪れてもらえるような印象を
残さないといけません。

若手が少ない日本は、海外からの労働者に
医療・介護分野で非常に頼りにしています。

小学生のうちから英語に触れることは
もう未来の子供自身のためです。

 

英語教育が無駄にならないようにするには

子供への英語教育が
無駄にならないようにするために、
親として出来ることはあるのでしょうか。

英語教育といえばそれなりに高額です。

しかも、週1回程度の習い事です。
子供は吸収が早いといっても、
他にも興味がたくさんあるので
忘れるのも早いです。

週1回で無駄にならない時間にするために
親として出来ることはあるのでしょうか。

あります。

それは子供が楽しめること!

小学生では、
英語を使ってコミュニケーションを
多く学んでほしいわけです。
しかしそれは、楽しめないと無理です。

英語を使ってゲームで楽しい!も
悪くないでしょうが、
私なら、ゲームが楽しいだけじゃん!?
って思ってしまいます。

集団の中で、どれだけ子供が先生に
個別で話せる機会があるのかも
気になります。

コミュニケーションとは、
子供の中に、聞きたいことが湧いてきて
それを英語で聞いて、
英語で返してもらって
「へーそうなの?私と一緒だね」とかまで、
英語で返せたら最高です。

親が出来ることは、
子供の前で親自身が英語で
コミュニケーションをとることです。

「やっぱり・・・」
と聞こえてきそうです。

そうです。
英会話教室に子供を通わせる親は、
親が英語を話せないことが多いのです。

英語がわからないのに親と講師が
コミュニケーションをとる。
しかも英語で・・・
私は、考えただけでも絶対嫌です。

その前に、聞きたいことも浮かびません。
愛想笑いでうなずくことで精一杯です。

この状態で子供に
「ほら話しなさい」とは言えないですね。

 

親が積極的に外国人講師と
コミュニケーションをとると
自然と子供も打ち解けます。

日本語が話せる外国人講師なら、
はじめは日本語でコミュニケーションを
とり、打ち解けるのもありですね。

そちらの方が、相手のことがわかって
信頼関係を築きやすいです。

自然と子供のほうから、
聞きたいことが湧いてくる可能性を
高くすることができます。

 

オンライン英会話で隠れてレッスン

だれかに聞かれていると思うと
それだけで恥ずかしいのは、
子供も一緒です。

しかも、
その英語が通じなかったら・・・。

せっかくのチャンスでも、
子供本人が、失敗と認識してしまっては
トラウマになる可能性もあります。

それなら、オンラインでレッスンを
受けてみるのも手段の一つです。

人目から隠れてレッスン出来て、
しかも今回紹介しているオンラインの先生は
日本語もできるので、
「こんな風に言いたいんだけど?」と
相談もできます。

親はその様子を隣で見たり
記録できるでしょう。

記録としてノートにまとめれば
先生のこともわかり、
コミュニケーションを
とりやすくなります。

送迎も必要なく、
時間や回数も、
自由に決めることが出来るので
外国の親戚のように「Hello!」と自然に
講師と会話できる気がしませんか?

オンラインなら共働きでも、
自宅でゆっくり始められるので
子供に付き添うことが
可能になるかもしれません。

人が多数いる英会話教室がいいか、
個別で自宅にいながら学びたいか、
これは子供の好みにもよります。

まずは、どちらも体験してみることが
子供の気持ちが一番わかります。

体験するときは、
もちろん無料がいいです。

体験する前には、
子供と手に入れたい英語力がそこにあるか、
しっかり確認しましょう。

自宅以外で行う英会話教室は
地域の教室をいくつかまわって
雰囲気をみることがおすすめです。


オンライン英会話は
親子での英会話のきっかけのためにも
無料体験から行動をしてみると、
そこから初めてわかる経験があります。

まずは無料で体験することが
はじめの行動です。

人は何もわからない状態では、
不安しか出てこないのです。

実際に利用するか、しないかは、
その経験をもとに決断することが、
良い英語教育の一歩になるのです。

まず親子にとって良い英語教育のスタートを
探し始めましょう。

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立ちますように★

 

-たくみニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

塾費用はメルカリで稼げるけど、塾はいつ辞める?

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)   トップレベル! わかりやすい! 身につく! こんな言葉につられて 習い事をさせてしまった お …

no image

脳の発達|10歳がピークと言われる子供脳科学

脳はどの部分も大事ですが、1つだけ 10歳頃までが成長のピークと言われている 脳があります。 その脳は、社会に出て生きていくために とても重要な役割を持つ脳なのです。 脳は前頭葉、後頭葉、側頭葉、頭頂 …

愛情不足とか過保護とか気にしすぎ!!

他人がお母さんに向かって 言う言葉の中で、 嫌だなぁって思う言葉があります。 【お母さんの愛情不足じゃないか】   お母さんが一番言われたくない言葉です。   言われるだけで やる …

担任の先生がはずれ?子供にとって先生の存在は大きい

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)     学年が変わり担任が新しくなると 大人も子供も気になるのが 新しい先生の評判やう …

インフルか?関節痛みと高熱なのに解熱!冷え性や体温調節

Contents1 インフルエンザではない 究極の冷え性の私が教えます1.1 急に寒くなる時期の体温調節は重要である1.1.1 体温調節☆衣服☆1.1.2 体温を上げる☆運動☆1.1.3 食欲の秋して …