高卒お母さんの家庭学習マル

子どもの基礎学力低下に気づいた。勉強ばかりの毎日は嫌という子供の希望と、基礎学力程度は身につけてほしいと願う親の考え。お母さんが考えた家庭学習方法とは。

教える苦悩と工夫

小学生で反抗期?親の注意はすべて拒否の困ったさん

投稿日:2018年10月11日 更新日:

小学生に反抗期って?聞いてないよ~

 

子供とはいえイライラします。「それ、普通でしょ」

 

こんにちわ。
家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)

 

  • 小学生の反抗期ってあるの?
  • 子供がいちいち言い返してきます
  • こちらはアドバイスのつもりなのに全く聞き入れないんです
  • 変に現実を知っているから、「大人だって」と言ってきて困っています

こんなことで悩んでいませんか?

小学生に
反抗期にそっくりな時期
があります。

 

それは自立期です

 

子供は、
自分というものが
わかってくる時期、
わがままを
言い始めることがあります。

親の言うことは聞きません。

結論、対応としては
戦い続けるしかないですね。
そして惑わされないことです。
そのまんましかないです。

 

そんな態度だったら
「一人でやってごらんよ」
と言いたくなりますが、

子供にそれを言っても
効果はありません。
小学生に1人で何でもかんでも
やらせるミッションは
あまりにも酷なので
させてはいけません。

 

では、親のイライラと、
終わりがみえない
反抗期に似た自立期を
どう乗り越えればいいのでしょう。

 

そんな時期なんだと
なんとなくわかっているけど
自立期に
戦っている人は多いのです。

 

子供へのモヤモヤを
少しでも減らして
コミュニケーションをとって
いきましょう。

 

子供が言い返してきて話にならない

 

自立期の子供は
言われた事には、
素直には応じません。

子供は
自分には自分のやり方がある
という気持ちが強いのです。

もう
親は絶対的な存在ではない!と

学校の友達や
周りの大人を見て
矛盾をたくさん感じた結果があるからです。

 

 

もはや、親が何を説得しても
子供は聞くつもりはないはずです。

 

わかってくれるまで正すか
そのまんましかないです。

あまりに行き過ぎた
行動・言動は
わかってくれるまで正し、
(子供から睨まれるかも…)

そうではない行動・言動は
そのまんまで対応します。
そんなものです。

 

子供が聞き入れないならアドバイスはしない

 

アドバイスをしたところで、
言い返しが始まり、
話の結論は違う方向にいき、
「あれ?アドバイス何だったっけ?」
って言うこともよくあります。

 

親は、自分の心の保持と
これ以上に子供との関係を
崩さないために、
アドバイスは一時控える
という方法をとります。

毎日戦っていては疲れます。

「自分で考えなさい」
「自分でやってみなさい」
と少し冷たく感じる声掛けも
やってみます。

その間に大人は心を整えます。

子供はというと、
特にダメージは受けません。
(くやしい・・・)

 

でもそこが注意点です。

注意したいことは、
大人が心の目で見守っている
という状態は解除しては
いけないということです。

そして、あまりに無理難題
であることを子供に
させないことです。

親は子供に
「自分で出来ない」
ということを
思い知らせてやる~
みたいな気持ちも
湧いてはきますが、
やってはいけません。

愛情をもって戦いましょう。

 

子供に「大人だってできてないじゃん」って言われる

 

「大人だってできてないじゃん」

これを言われると
何も言うことはないです。

この言葉は
言われて一番イライラするけれど
「成長したな」
って思うしかないです。

あまりにお口が過ぎる時は
毅然とした態度で対応します。

 

なぜ子供が
このようなことを言い出すのか、
それは
物事の色々な違いがわかってきた
という気持ちがあるのと、
なぜ?
子供だからって言われるのか?
という単純な疑問です。

これはずっと変わらない
流行語です。
私も子供の頃言っていました。

 

だけど、それを解決して
大人になったか?と言われれば
そうではありません。

だからやっぱり
「そのまんま」
でもいいのかと思います。

が、真っ向勝負でもいいんじゃないですか?
大人の力も底上げされます。

 

子供の性格・自分の生活を考えて

 

私は全然イライラしないんです。
という方は、
子供の性格を考えて
子供をイライラさせない方法
を考えて
間違ったことに対しては
毅然と対応します。

しかし、
子供の態度に
感情を動かされる人は、
子供のどんな行動が
自分のフラストレーションを
溜めてしまうのか
把握しておきましょう。

怒りレベル1~10
みたいな感じです。

私が思う事は
7以上はいかない方がいいです。
常に7以下になるように
子供の性格と自分の性格を
考えて対応します。

 

子供にイライラする・上手くいかない!普通と思う

正しい子供との関わりとは
こうしないといけない!
と悩まされていませんか?

教育本を見たり
教育ブログ記事を見たりして
面白いヒントを
Getするはずが、
我が子との変化のない生活に
イライラを増していませんか?

 

子供のことをだれかに相談して
スッキリするつもりが、

「子供の話を
ちゃんと聞いてあげている?」

「感情的に
怒っているんじゃない?」

などの意見を
過度に気にしすぎて

親失格なの?と
変なプレッシャーに
押しつぶされそうになっていませんか?

 

順調な親子関係だよ~
というご家庭もありますが、
自立期に悩む親は
圧倒的に多いです。

それは、
育て方・関わり方
だけの問題とは
いえません。

といっても、
自立期の大変さから
子供との関りを見直す
きっかけにはなります。

このサイトを
見てくださっている方は
もう、「見直そう」と
立ち上がっている人ですから
大丈夫です。
(私も大丈夫だ)

 

子育ては世界観が違う
生もの同士です。

その時その時で一生懸命
考えて、
愛情をもって
乗り越える気持ちを捨てない
ことが大切です。

時には感情的にもなるし、
かわいいと思えない時がある
のも普通です。
(大人だって人間だもの)

愛情もって
やさしい言葉で語りかけて、
怒るのではなくて
叱る・伝える
そのような基本が
出来なくても
良しとします。

逆に出来なくて
落ち込むことも普通です。

よその子が
すごく落ち着いて見えるのも
よくあることです。

 

前見て進んだり、
立ち止まって確認したり
進んできた後ろを確認して
これでいいかな?
とまた進むイメージです。

それが出来れば
十分かなと思います。

 

自立期の子供と私と教育本 どう戦うか

 

子供って、すぐ忘れるんです。
自立期の子供は
特に親と距離をあけたいとは
思っていません。

まだまだ、
実は甘えたいので、
次の日には
何事もないかのように
一日が始まることがあります。
(夕方にはまた戦いなんてこともあるけれど)

 

そんな日常が子育てだから

何か親が
対応できるとすれば、
戦い続けるしかないのです。
教育本やブログ記事は
参考にして取り入れるけれど、
過度に惑わされて
悩まないことです。

そして、
そのまんまです。

 

自立期は
間違いなく
子供の成長です。

これは間違いないです。

 

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立てますように★

-教える苦悩と工夫

執筆者:

関連記事

小5からの自学ノートの作り方

  小学校によって違うと思いますが、 学校からの宿題として 自学ノートが始まります。   自学ノートで 「自分で学習したことなんでもいいです」 というノートをつくる宿題です。 &n …

クイズ!子供がお金の支払いとおつりを学ぶ計算 おもしろ問題

Contents1 子供にお金の支払いとおつりの計算をさせよう!1.1 子供の財布が小銭でパンパン!1.2 クイズ!財布の中のコインを減らせ!1.3 視点が増えるには経験・体験しかない1.4 クイズの …

早く勉強しなさい!言ってしまう親と、やる気をなくす子供

Contents1 子供が勉強するようになる声掛けおすすめ1.1 勉強しなさい!これを言わないなんて出来ない1.2 いつするか?今でしょ!未熟な脳を理解する 子供が勉強するようになる声掛けおすすめ & …

勉強なんて楽しくなくて当然だ!だってわからないんだ 勉強風景

Contents1 勉強なんて楽しくない!1.1 なぜ勉強が楽しくないのが当然なのか1.2 みんなの勉強風景どんなもの?1.3 楽しい勉強ってどうやればいいの?1.4 まとめ 勉強なんて楽しくない! …

教育は投資!だから古本活用も見逃さない

Contents1 教育は投資だけど、お金も結構かかります1.1 古本屋も見逃さない1.2 古本屋で教育の本を買う難しさ1.2.1 思い通りの本はない1.2.2 安いからだけで買いそうになる1.3 ネ …