「おーい、やまちゃん」

このブログ「おーい、やまちゃん」は、今こそ変わりたい夫婦が頑張るブログです。副業、お金、時間、自分のやりたいことがわからない、そんな私たちが人生にもがき、苦しみ、彷徨うブログです。

教える苦悩と工夫

子供のスマホやYouTubeの依存管理について

投稿日:2019年3月10日 更新日:

YouTubeはもう当たり前のように

 

子供が扱うものになりました。

 

 

最初から強い意志で「与えない」と

 

決めるぐらいの親でなければ

 

避けることはできないと思います。

 

 

 

ほとんどの親がちょっとしたゲームを

 

子供と楽しむことから始まり

 

ユーチュブなどの番組を少しだけと言って

 

見せることから始まるのでは

 

ないでしょうか。

 

 

ここまでは、まったく問題はないのに

 

気づいたときには

 

子供のネット依存がすごくなって

 

親の言うことや、お約束なんて

 

聞いてくれなくなっていることが

 

多くないですか?

 

 

 

もう10年ぐらい前、

 

子供にテレビを見せないと言って

 

子供が生まれたころにテレビを捨てたという

 

夫婦がいたなぁと思いだしました。

 

 

子育てへの考え方は色々です。

 

 

そう、今日は子育ては色々なんじゃない?

 

という話になります。

 

 

親が決めないでどうする!?子供のスマホやネット環境

改めまして、こんにちわ。
家庭学習マルの川本たくみと申します。
2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)

 

「やりたいことをやらせたらいい」

 

「ゲームだって世界大会の時代だよ」

 

「これからはインターネットを
使える子供が当たり前」

 

 

 

教育の考え方は柔軟になってきました。

 

 

実際にネットやゲームでも没頭することで

 

才能を開花させることが出来たり

 

 

生きがいが見つかったり

 

 

自身の辛い感情から脱出できたなんて人も

 

 

たくさんいます。

 

 

私もネットを多く使う人間ですし、

 

ネット環境で生活していますから

 

それが事実なのはすごくわかります。

 

 

 

しかし、

 

 

その考え方によって苦しんでいる

 

親もいるのです。

 

 

 

スマホやゲーム・ネットばかりの子供に不安になる

 

「やりたいことをやらせたらいい」

 

「ゲームだって世界大会の時代だよ」

 

「これからはインターネットを
使える子供が当たり前」

 

 

こんな言葉から油断して

 

 

  • 気づけば子供がこちらの話も聞かない
  • 約束も破るようになった
  • ある程度の制限も聞かなくなって
    最低限やってほしいと思う事も
    やらなくなった

 

 

 

このままでいいの??

 

 

このままの子育てで大丈夫でしょうか・・・

 

・・・と悩み始めます。

 

 

それが大丈夫か?

そんなのだれにも分りませんよ。

 

 

あなたは子供にどうしてほしい?何を伝えたい?

 

教育は各家庭で違うものですよね?

 

似ていることはあっても

 

全く一緒の環境なんてそうないと思います。

 

 

だから、子供にとって

 

何が必要で何が足りないとか

 

それぞれなはずです。

 

 

その時の、子供の状態によって違うし

 

あなたの考え方によっても変わるはず。

 

 

 

研究や調査で分かったある程度の教育の
軸はあったとしても

 

 

それをどう使いこなしていくかは

 

やっぱり親です。

 

 

親です。と言うと、

 

 

子供は子供の考えで自由に
大人の意見を入れず感性を伸ばした方が…

 

 

ってなりますか?

 

 

 

はっきりそうだと思えばそれでいいんです。

 

 

でも、中途半端に思うからいけないんです。

 

 

最初ははっきりそうだと思ったけど、

 

やっぱり違うかも…

 

 

そう思ったときは強く子供にぶつかって

 

いってもいいと思うんです。

 

 

このままの子育てで大丈夫でしょうか・・・

 

 

絶対だれにもわかりませんよ。

 

 

アドバイスを聞くのはとても重要なことに

 

変わりはありません。

 

 

 

しかしアドバイスはある一定数のパターンを
言っているだけです。

 

 

「子供にどうしてほしいか」

 

 

「子供に何を伝えたいか」

 

 

そんな親の考えは間違うかもしれないけど
あなたが決めないといけないのです。

 

 

正解ばかり求めずに・・・。

 

 

 

なんでも受け止める必要はない!止めてもいい!

 

YouTubeを何時間も見て動かないとか

 

ゲームから離れないとか

 

その姿をみて親が不安になるような状態は

 

止めたっていいんです。

 

 

【勉強だったら何時間離れなくても
何も感じないでしょ?
YouTubeやゲームだけそんな風に思うの
古くない?】

 

 

 

そんな例え話を聞いて

 

納得しないでいいんです。

 

止めたきゃ止めたらいいんです。

 

 

ルールを決めたらいいんです。

 

 

よそのお家が?

 

よその子供は?

 

いくら探ったところで

 

よその子と、うちの子は違うんです。

 

 

「うちは~、子供の成長の妨げは
したくないんで~」

 

 

 

何もかも受け止めて

 

耳馴染みの良い言葉に惑わされるのは

 

もう辞めましょう。

 

 

親が決めなくてどうするんですか?

 

 

 

 

ゲームやYouTube子供に中断させることは難しい

 

 

ゲームやネット・YouTubeなどを

 

子供に中断させることはとても難しいです。

 

 

大人でも難しくなってきている中、

 

自己管理がさらに幼い子供に

 

簡単にできるわけはありません。

 

 

正直かなりの強い抵抗を見せるでしょう。

 

相当なストレスを子供も感じます。

 

 

親もある程度、意思や覚悟が必要です。

 

 

時間も相当かかるかもしれません。

 

 

 

妥協点を見つけながら話し合い、まとめて、

 

それでも子供は話し合いの通りにはできずに

 

抵抗して繰り返し、また話し合い・・・

 

 

 

これの繰り返し繰り返し。

 

 

それでも繰り返しながら親子で楽しめる

 

ことを見つけていった方がずっとマシです。

 

 

このままの子育てで大丈夫でしょうか・・・

 

と人に聞くことを続けるよりも

 

マシだと思います。

 

 

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立てますように★

 

 

-教える苦悩と工夫

執筆者:

関連記事

小学生勉強★わかりやすい教え方にはコツがあります

Contents1 小学生にわかりやすく勉強を教えるにはコツがあります2 小学校で起こっていることを知ろう2.1 小学校ではイベントがたくさんある2.2 子供から話を聞き出してみよう2.3 お母さんの …

小5からの自学ノートの作り方

  小学校によって違うと思いますが、 学校からの宿題として 自学ノートが始まります。   自学ノートで 「自分で学習したことなんでもいいです」 というノートをつくる宿題です。 &n …

子供に命を頂く感謝を教える 学校の給食に変化

Contents1 子供に命を頂く感謝を伝えたい1.1 心にしみて考えるようになったのは30過ぎてから1.2 学校の給食は残してOK!?1.3 人間は食べないと生きていけない 子供に命を頂く感謝を伝え …

リビング学習でも集中力と忍耐力がつく方法

Contents1 集中力と忍耐力をつけることが出来るか1.1 だらだらと勉強しても身につかない1.2 リビング学習で子供が欲しいもの1.3 見逃すな◆子供の集中力と忍耐力◆1.4 これは実践してみた …

勉強が出来なくてもいいと思ってた!しかし・・・

Contents1 勉強ができなくてもやさしい子に育ってくれたら・・・1.1 将来「やさしい子」子供への妄想が終わった瞬間 1.2 行動だけが結果をかえるって言われても1.3 やってみてから考えればい …