高卒お母さんの家庭学習マル

子どもの基礎学力低下に気づいた。勉強ばかりの毎日は嫌という子供の希望と、基礎学力程度は身につけてほしいと願う親の考え。お母さんが考えた家庭学習方法とは。

小学4年生算数 教える苦悩と工夫

小学4年の算数 子供がなぜ追いつけなくなると思う?

投稿日:2018年11月19日 更新日:

こんにちわ。
家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)

 

 

小学校低学年の頃は

意外と、
うちの子勉強できるわ。

先生の言う事
ちゃんと聞いているみたい。

宿題も
ちゃんとしているし、
できているし。

それに塾も行ってるしね。

と思っていたお母さんが

突然、
「子供が勉強が出来なくなった!」
って気付き始めるのが
小学4年生ぐらいです。

実は子供が勉強が
出来なくなったのでは
ありません。

 

今日はその疑問について
解説していきます。

  1. 小学4年の勉強のスピードは?【重要】
  2. 宿題が多い理由は?【現実】
  3. 改めて子供の1日のスケジュールは?【確認】
  4. まとめ

小学4年の算数 子供がなぜ追いつけなくなると思う?

この記事を
最後まで見ていただければ
各ご家庭で
どうすればいいのかが
わかるでしょうし、

何より
子供の実力だけのせい
ではないことが
わかっていただけると
思います。

 

では1.より解説を始めます。

 

小学4年の勉強のスピードは?

小学4年生は
学習の難易度があがります。
(すごく)

とくに算数です。

そのうえ、理科・社会も
しっかり問題となる
学習が始まる為、
早く言えば
子供がついていけなくなる
可能性が高くなります。

そして、
学校での勉強のスピードはというと
算数を例にあげれば
約1週間で次の項目に
進みます。

ガラッと頭の中を変えないと
同じ算数でも
内容が違います。

そして
小学4年の計算は
ただの計算だけでは
ありません。

 

【くふうして計算する】
【大きな数の計算】
【小数の計算】
【計算の順序の計算】
【面積の計算】
【文章問題】

等々です。

 

はっきり言いたいです。

学力が下がったという表現は
合いません。

学ばなければいけない
スピードがあがったのです。

きちんと管理と
整理をしていけば
伸びるということです。

 

そして、
もうこのスピードが
落ちることはありません。

小学1年から
小学3年を基礎に
小学4年の学習が複雑になり

小学4年を基礎として
今後の
高学年と中学生含めて
学習が複雑になっていく
と私は感じています。

子供も
このスピードに
戸惑っているはずです。

 

宿題が多い理由は?

小学校からの宿題が多いと
感じる保護者もいます。

  • 漢字はプリントにぎっしり書く
  • 算数プリント裏表ぎっしり問題
  • 音読
  • 自主学習ノートをしてくる

少なくてこれぐらいを
6時間目を終えて
4時30分に帰ってきて
します。

地域によっては
これ以上の宿題がでますし、
習い事をしている子は
さらに帰宅時間は遅くなります。

こんなに宿題が出るのも
学習量が増える
学年だからと言えます。

宿題を出すことは
家で理解しているか
確認しなさいという意味です。

宿題は昔からの伝統でも
なんでもありません。

家で復習しておいて
くれないと、
期間がくれば
次の勉強に進むしかない
カリキュラムに先生も
追われているということだと
思います。

 

確かに、
子供が学校から帰って
遊びに行くことを考えれば
宿題は負担になりますが、
こうでもしないと
さらに追いつけなくなる
という現実もあるのだと
思います。

 

改めて子供の1日のスケジュールは?

【学校ではどんなスケジュール?】

AM8時までに(大体) 登校

8:30 席について自学タイム

8:40 朝の会

8:45~ 1時間目

9:35~ 5分休憩

9:40~ 2時間目

10:25~ 20分休憩

10:45~ 3時間目

11:30~ 5分休憩

11:35~ 4時間目

12:20~ 午前の学習終了

12:30~13:00まで給食

13:00~ 昼休み

13:30~ そうじ

13:50~ 席について自学タイム

14:10~ 5時間目

14:55~ 5分休憩

15:00~ 6時間目

15:45 午後の学習終了

まさに分刻みの生活なのです。

 

【家でのスケジュールは?】

帰りが16:30分なら
17:00まで 近所の子と遊ぶ

17:00~ 宿題と明日の準備(予習含む)

19:00~ 食事

20:00までに入浴

21:00残りの学習があれば仕上げて就寝

 

習い事がある子はもっと
ハードなのは見てわかります。

 

まとめ

改めて子供の
やらないといけないことを
確認して、
意外にハードだったか
そうでもなかったかは
それぞれの感じ方がありますが、

子供達は
このスケジュールの中
常に新しいことを
頭に入れています。

そのうえで、
次の日も次の日も
新しいことを学習します。

実はもっと
親として
教育として
支えてあげられるところも
あるのかなと
感じさせられます。

なんでも
支えればいいものでは
ないでしょうが、
「学力が下がった」
「だから塾!」
という発想だけだと
子供が苦しくなるのかなと
思います。

 

確かに今後は、
学習のスピードになれて
学習に追いついていく事も
大切ですが、

子供へ求める
学習ラインについては
ご家庭と
各子供の残された体力で
考えていかなければ
いけないのでは?
と思います。

 

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立てますように★

関連:子供の学力低下が気になるお母さんへ

関連:各カテゴリーについてはこちらからどうぞ

 

 

-小学4年生算数, 教える苦悩と工夫

執筆者:

関連記事

割り算ひっ算☆言われたとおりにやっているのに間違う

Contents1 言われたとおりにやっている。だけど間違う理由1.1 とにかく計算の答えが見つかればいいと思う遠回り1.2 ちょっとした確認をしない、癖のある計算1.2.1 間違える子がよくしている …

警告!知っておくべき!勉強と幸せがイコールではないこと

Contents1 警告!知っておくべき! 1.1 勉強と幸せがイコールではないこと1.2 生きていくために幸せになるように使えるように知識をもたせる1.3 ちょっとびっくりする想像について1.4 人 …

これならわかる小学4年生算数!式と計算の順序②

Contents1 これなら解ける!覚えるルールは1つだけ!1.1 小学4年生!計算式に( )がなかったときの計算1.2 基本の計算力がとても大事だと思い知る これなら解ける!覚えるルールは1つだけ! …

小学生|子供をダメにする親って本当にいるのか?親の選択。

  子供をダメにする親って どんな親なんですか? 実は世界の社会学者さんたちは 子供の勉強に、親が付き添うのは 子供にとって悪影響!と データとして出しているみたいだ!?   Co …

小4算数|大きな数|1億をこえる数の問題の予習・復習 

  はじめに、 小学4年まででやってきた 「大きな数」の勉強を 振り返ります。 小学2年で、1万までの数を学び、 小学3年で、1万~1億までの数を 学んできました。   そして小学 …