「おーい、やまちゃん」

このブログ「おーい、やまちゃん」は、今こそ変わりたい夫婦が頑張るブログです。副業、お金、時間、自分のやりたいことがわからない、そんな私たちが人生にもがき、苦しみ、彷徨うブログです。

漢字検定

小学生の1つの成功は溶けるように消えていく 

投稿日:2019年3月4日 更新日:

漢字検定8級と10級合格しました!!!

 

 

WEB発表では、何点で合格したかは
わからず、とにかく合格したということが
わかりました!

 

 

子供たちも喜んでいました。

 

ここから漢字検定が続いていくのかって
いうのはわからないですが、
それは今後の子供の意欲次第ですね。

 

 

私としてはもう1回ぐらい取り組みを
見てみたいところです。

 

 

ということで、今後のことは
わからないですが、
今回はよい結果で終わりました。

 

 

プロセスもそして結果も良かったと
いうことです。

 

 

今日は子供たちの様子を見ていて
面白いなと思ったことを話します。

 

 

子供にとって成功はもう過去
未来へのスピードがすごい!

改めまして、こんにちわ。
家庭学習マルの川本たくみと申します。
2人の小学生のお母さんです(小4・小2)

 

それは漢字検定の合否を
伝えたところから始まります。

 

 

合格⇒やったぁ⇒もう過去!!

 

子供ってこんな感じなんですね。

 

 

大人のみなさん
自分を振り返ってこんなことありませんか?

 

 

「過去を捨てれずに
ずっと1回の成功の中に
しばらく浸っておく」

 

 

みたいなこと。

 

 

結構あると思うんです。

 

私もあります。

 

成功や達成がうれしくて
しばらくその嬉しさに浸る。

 

 

成功だけでなくても失敗もそうですが

 

大人って過ぎた過去のことを
良く話しますよね。

 

 

思い出話しとか、お酒はいると
絶対同じ話何回もするでしょ。

 

 

でも子供は成功でも失敗でも
溶かしちゃうんですね。

 

 

 

子供って天才!無理に成功や失敗を大人が押しつけない

 

成功すら過去で、そこからは未来の事しか
考えていないってことです。

 

 

そのスピードが半端ないって思いました。

 

合格⇒やったぁ⇒もう過去!!

 

 

子供って本当に天才です。

 

 

子供の姿を見ていて
今回の成功が、子供の中で一瞬にして
過去になったことを感じました。

 

 

 

いちいち大人が大人のものさしで
成功や失敗に引き戻しては
いけないと思いました。

 

 

 

子供のものさしを大事にしたい

 

ものさしっていうのは価値観のことです。

 

 

少なからず一番、親の影響は
受けることになります。

 

 

「金持ち父さん貧乏父さん」の本
有名ですね。

 

 

大人のためにご紹介しておきましょう。

 


改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

この本は2人のお父さんから
「何をどう価値ととらえるか」を
学ぶ話しの本です。

 

 

お金の本ですけどね。

 

 

お金ある程度、教育には必要です。

 


改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

 

 

お金も考え方や行動で変わるんです。

 


改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 入門編: 投資力をつける16のレッスン (単行本)
nbsp;

 

 

 

さて、お金と同じように
ものさしって生きていくのに
絶対必要ですよね。

 

 

ものさしがないと
ずっとオドオドしているか
人のものさしにいつも
合わせるものさしになるか。

 

 

自分が正しいか間違っているかも
このものさしが決めますね。

 

 

子育てで、ものさしって
もしかしたらとても重要な部分かもです。

 

 

正しいことが正しいだけじゃない小学生生活

 

小学生の子供にとって
幼児の頃からこれが正しいと教えられてきた
ことがガタッと傾く時がきます。

 

 

または大人が言っていることが
矛盾だらけだったりすることに気づきます。

 

 

大人からすると
正直穴があったら入りたい感じです。

 

 

そう私は何にもわかってない大人って
バレるんです。

 

 

 

そんな時、
「いくつの価値観を子供に提供できるか」
これが重要な気がします。

 

 

 

所詮1人の人間から出てくる価値観なんて
多くはないないでしょう。

 

 

ということは、価値観が広がるように
教育が必要なんだなって思います。

 

 

 

想像力もですね。

 

 

「やりたくないことはならなくていい」

 

教育もいろんな方法が出てきたので
こんな言葉も聞くようになりました。

 

 

 

「やりたくないことはならなくていい」

 

 

それも良しですが、

 

「やりたくないことを
やってみたらどうなるか」

 

 

想像力ってこんなことかもしれません。

 

 

他にも

 

  • 読書で知らないこと知る
  • 自分な好きな分野を極める
  • 気になれば行動して体験してみる

 

普段やっているといえば、
やっているようなことです。

 

 

なんか少し実験っぽいという
感じのようなことです。

 

 

 

親も出来ること出来ないことがあります。

 

 

なので、内容の大小は関係なくて、

 

 

時間がある親はコミュニケーションで
関りを深めたらいいし、

 

お金がある親は子供の興味への
資金の提供したらいいし、

 

 

どちらもないなら親なら
背中で語るでもいいし、

 

 

いつもは無理だけど
独別な時間をつくるとかでいいのです。

 

 

 

なんでもいいです。

 

 

なんでもいいのだけれど
やればいいって訳じゃなくて

 

 

子供の価値観や想像力が広がるように
意識して問いかけるということが大事です。

 

 

 

それが親のものさしをそのまま提供する
のではなく、

 

 

子供のものさしをつくるってことかなって
思います。

 

 

 

子供と話すとき、
いくつの価値観が提供できるか
やってみてください。

 

 

時に収拾がつかなくなるほど
話が広がりますが・・・(笑)

 

 

今日は漢字検定の結果発表と
その子供の反応で感じたことでした。

 

ではまた!

 

 

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立てますように★

 

 

 

-漢字検定

執筆者:

関連記事

迫る!漢字検定受検日に何も勉強が進まない子供たち

【子供が全然漢字の勉強をしようとしない】 【受験票を見せて気持ちを持ち上げる】 こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)     …

漢字検定を受けよう!ステップアップを見える化しよう!

Contents1 努力を見える化すると、子供は苦しくならない1.1 漢字検定を受けよう1.2 下級の漢字から復習すると覚えが早い1.3 小学校の教科書は十分に利用する 努力を見える化すると、子供は苦 …

小学生漢字検定はなん級から受けよう?適切な受検級は?

Contents1 漢字検定何級から受けようか悩んでいる方へ1.1 どれぐらいの実力とどれぐらいの勉強時間をとったか1.2 子供が漢字にどれぐらいの実力があるか1.3 子供が漢字をどれぐらいの勉強をし …

合格証書がわが家に届く~日本漢字能力検定~

  郵便で送られてきたものを ポストに見に行った子供自身が見つけて それが漢字検定の結果であることを 子供自身が悟りました。   すでにWEB発表を見て結果を子供たちは 知っていま …

子供の漢字の能力を形にしてみませんか?

Contents1 子供!習った漢字が身についているのか知りたい1.1 日本漢字能力検定を受験でモチベーションUP1.2 学年にこだわらず勉強がしやすい漢字学習 子供!習った漢字が身についているのか知 …