高卒お母さんの家庭学習マル

子どもの基礎学力低下に気づいた。勉強ばかりの毎日は嫌という子供の希望と、基礎学力程度は身につけてほしいと願う親の考え。お母さんが考えた家庭学習方法とは。

教える苦悩と工夫

リビング学習でも集中力と忍耐力がつく方法

投稿日:2018年9月17日 更新日:

集中力と忍耐力をつけることが出来るか

だらだらと勉強しても身につかない

こんにちわ。
家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)
夏休みに娘の学校の
宿題に寄り添っていたときに
湧いて出た感情が、家庭学習マルを
始動させえることになったきっかけです。
娘はかなり集中力と忍耐力がなく、
こちらが見ているとイライラするほどです。
何とか集中してほしいと、
運動会で使われるクラシックを流しながら計算問題に取り組んだものでした。
(まぁまぁの効果でした)
算数は特に
集中力も忍耐力もないと
進めることができないことを
この時知りました。
子供が集中できる時間は
小学校低学年で15分程度
高学年でも30分程度らしいです。
案外長くありません。
集中できる時間は
成長に伴い
ただ長くなるのではなく
波のように
集中→切れる→集中、
と繰り返しながら
取り組み時間が長くなる
らしいのです。
なので集中が切れた時に、
忍耐力が必要なんだなと思います。
だらだらと勉強することは
集中力もなく忍耐力もなく
勉強は身につきにくいと思います。

リビング学習で子供が欲しいもの

私が学生の時、
テレビをつけての勉強や
音楽を聴きながらの勉強で
両親に注意されていたことを
思い出しました。
いつも私は
このほうが集中できる』と言い返していました。
その時代に
リビング学習なんて言葉は
聞いたことなかったです。
最近になって
リビング学習ということを
よく聞きます。
親や兄弟、生活音があるリビングで
宿題や勉強をするということです。
わが家も、子供の希望で
『リビング学習』なのです。
子供部屋に机もあるし、
だらだら勉強している
子供の姿を見るのもの耐えがたく
子供部屋で勉強するように何度か言ってきたことはあります。

しかしまだ拒否されています。

理由は

さみしいからとか、分からない問題を
聞きたいときに聞けないからとか
不安だから
とか言います。
リビング学習を好む気持ちや
リビング学習で子供が欲しいものはただ一つ。

 

それは『安心感』なのです。

私は学生の頃のことを振り返り、
『このほうが集中できる』
という気持ちには、
嘘はなかったなと振り返ります。

見逃すな◆子供の集中力と忍耐力◆

子供に集中力と忍耐力をつけたいと

悩んでいた自分がちっぽけに見えてきました。

 

 

なぜ集中力と忍耐力がないのかと、
親が悩んでいたところで
なにも変わりません。

 

ただただ子供は、
興味のあることには集中し、
成し遂げたいことがあれば耐えます。

 

 

親としての問題は
『そんな力を勉強にも~』
と思うところです。

 

だから、興味をそそる勉強でないといけないし、

 

できるようになりたい・知りたいと思える勉強

じゃないといけないと言われています。

 

当たり前にやっと私は理解しました。

 

最近長女は
宿題をするとき、
リビング近くの和室の方へ移動して
する姿があります。

気にしていなかったですが、
自然と集中できる場所に
移動しているようです。
たぶん本人も気づいていません。

 

 

親は子供が勉強に興味をもてる
仕掛けを考えると

上手くいきます。

 

これは実践してみたい!◆ポイントは3つ◆

勉強環境で実践したいポイント3つは、

  1. テレビはつけても子供の背が向くようにする。
  2. だらだら勉強はさせない。
  3. 音楽は歌詞なしがいい。

 

視覚から入ってくる情報には
人は勝てません。
テレビを
つけていてほしいと
子供から希望があっても
見えないような向きにします。

 

また、
だらだらしてしまうようなら、
勉強は一旦中止です。

 

だらだらしても、
ちゃんと宿題は
終わってしまいます。

 

だらだらでも、宿題は出来る!

子供に思われたら、

集中力と忍耐力はさらにつきません。

 

そして、
音楽はできれば
歌詞なしが良いです。

 

心理学では
水の音や風の音などが
集中しやすいと言われます。

 

関連記事:リビング学習するなら空間整理から

 

関連記事:子供が学力低下し勉強嫌いになった心配なお母さんへ

 

 

★小学生をもつ、
おうちの方のお役に立てますように★

-教える苦悩と工夫

執筆者:

関連記事

子供の勉強!1回で正解したら天才です!

Contents1 1回勉強して正解できるようになったら天才です1.1 くじける子供に育てたくない1.1.1 インプットとアウトプット1.1.2 手に入れたい結果をはっきりさせること1.1.3 こけて …

小学生|子供をダメにする親って本当にいるのか?親の選択。

  子供をダメにする親って どんな親なんですか? 実は世界の社会学者さんたちは 子供の勉強に、親が付き添うのは 子供にとって悪影響!と データとして出しているみたいだ!?   Co …

勉強なんて楽しくなくて当然だ!だってわからないんだ 勉強風景

Contents1 勉強なんて楽しくない!1.1 なぜ勉強が楽しくないのが当然なのか1.2 みんなの勉強風景どんなもの?1.3 楽しい勉強ってどうやればいいの?1.4 まとめ 勉強なんて楽しくない! …

小学4年の算数 子供がなぜ追いつけなくなると思う?

こんにちわ。 家庭学習マルの川本たくみと申します。2人の小学生のお母さんです。(小4・小2)     小学校低学年の頃は 意外と、 うちの子勉強できるわ。 先生の言う事 ちゃんと聞 …

子供に命を頂く感謝を教える 学校の給食に変化

Contents1 子供に命を頂く感謝を伝えたい1.1 心にしみて考えるようになったのは30過ぎてから1.2 学校の給食は残してOK!?1.3 人間は食べないと生きていけない 子供に命を頂く感謝を伝え …